作業療法学科

sl_sagyou01
募集定員:40名(男女)修業年限3年(昼間)

長崎医療技術専門学校では、
医療人としての自覚を持ち、責任ある行動をとることができる。
他職種の役割を理解し、チームの中で連携をとることができる。
専門的な立場で自らの意見を持ち、他者へ発信することができる。
対象者から信頼される人材であり続けられるために自己研鑽を継続することができる。
作業療法士[Occupational Therapist]を育成しています。

170306-196

作業療法士は、病気や事故などにより、心や身体に障害を持った方を支援するリハビリテーションのスペシャリストです。幅広い分野において「その人らしい生活づくり」を目指し、日常生活や社会生活へ適応できるような生活行為の向上や、環境調整による支援を行います。

 

作業療法士とは

作業療法士(Occupational Therapist)とは、心や身体に障害をもつ人々に対し、日常生活や社会生活へ適応できるよう支援するメディカルスペシャリストであり、リハビリテーション医療において、中心的な役割を担う国家資格です。
作業療法では、食事や入浴などの日常生活活動に必要な応用動作の獲得、仕事や趣味、生きがい再建のサポート、心の健康や健康的な発達のサポートなど多方面にわたって支援することができます。専門的知識とスキルで対象者に寄り添い、自分らしい生活を送るためにサポートする「心と身体の専門家」です。

170306-213 170306-175

履修科目

基礎分野(一般教養)

心理学、教育学、法学、物理学、医療統計学、研究方法論、医学英語、文章表現法、コミュニケーション学

専門基礎分野(医学一般)

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、解剖学Ⅲ、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、生理学Ⅲ、運動学Ⅰ、運動学Ⅱ、運動学Ⅲ、人間発達学、臨床心理学、病理学概論、内科学Ⅰ、内科学Ⅱ、整形外科学Ⅰ、整形外科学Ⅱ、神経内科学Ⅰ、神経内科学Ⅱ、精神医学、小児科学、老年医学、外科学、脳神経外科学、救急医学、放射線医学、社会福祉論、リハビリテーション概論Ⅰ、リハビリテーション概論Ⅱ

専門分野(作業療法)

基礎作業学Ⅰ、基礎作業学Ⅱ、基礎作業学Ⅲ、作業療法概論Ⅰ、作業療法概論Ⅱ、評価学概論、作業療法評価学Ⅰ、作業療法評価学Ⅱ、作業療法評価学Ⅲ、作業療法評価学演習Ⅰ、作業療法評価学演習Ⅱ、身体障害治療学Ⅰ、身体障害治療学Ⅱ、義肢装具学、精神障害治療学、発達障害治療学、高齢期障害治療学、高次脳機能障害治療学、日常生活活動Ⅰ、日常生活活動Ⅱ、日常生活活動Ⅲ、作業療法研究、総合治療論、総合学習Ⅰ、総合学習Ⅱ、地域リハビリテーション学、職業前関連活動、臨床実習Ⅰ、臨床実習Ⅱ

インタビュー

在校生

現在準備中

 

 

 

 

卒業生

2_p4
長崎リハビリテーション病院
作業療法士  藤原 謙吾
<2009年3月卒業>

長崎リハビリテーション病院に勤務して1年が過ぎました。学生の頃は定期試験や国家試験に向けた机上での勉強が主でしたが現在は患者様やご家族が安心した生活を送れるように治療内容や在宅復帰に向けた住宅改修など様々なことを勉強しています。
患者様やご家族に関わることで、治療効果はもちろんのこと患者様の人柄や地域環境なども知ることができ、やりがいの多い仕事です。
医療技術専門学校には、同じ職種を目指す仲間や、いつでも相談にのってくれる先生方が多く、思い出に残ることばかりです。
今思うと学生時代にもっと勉強しておけば、もっともっと遊んでおけばよかったと思うことが多くありますが、たくさんの学校や大学がある中で僕は医療技術専門学校に入学して良かったと思っています。
遊びも勉強もたくさん出来る環境にあります。いろんな遊びも勉強の一つです。医療技術専門学校に入って、いっぱい勉強していっぱい遊んでください(笑)