理学療法学科

sl_rigaku01
募集定員:40名(男女)修業年限3年(昼間)

長崎医療技術専門学校では、
医療人としての倫理観に従った行動をとることができる。
理学療法士としての基本的な知識・技術を対象者に提供することができる。
周囲のスタッフ、対象者と良好な関係を築くことができ、相手の立場に立った医療サービスを提供できる。
医学の発展に関心を持ち、日々更新される新たな知識・技術の習得に努めることができる。
理学療法士[Physical Therapist]を育成しています。

運動療法によって基本的動作能力を改善し、水や温熱、電気など物理的手段をを用いて、痛みを抑え、身体の動きやすさを助ける。
それが、理学療法士の仕事です。

理学療法士とは

理学療法士(Physical Therapist)は、障害を持った方々の生活を再建するために様々な物理療法(温熱、水、光線、マッサージ、電気など)を駆使して痛みを軽くしたり、筋力や耐久力を付けたり、循環を改善したり・・・・・そうして障害を少しでも軽くして、社会へ復帰するのを助けていきます。

また、病院の訓練室以外でも、リハビリテーションセンター、デイケアセンター、介護老人保健施設、職業訓練施設や保健所・保健センターなど幅広い分野で活躍しています。高齢化の進行や医療技術の進歩に伴って、理学療法士の必要性はますます高まっています。

履修科目

基礎分野(一般教養)

心理学、教育学、法学、物理学、医療統計学、研究方法論、医学英語、文章表現法、コミュニケーション学

専門基礎分野(医学一般)

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、解剖学Ⅲ、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、生理学Ⅲ、運動学Ⅰ、運動学Ⅱ、運動学Ⅲ、人間発達学、臨床心理学、病理学概論、内科学Ⅰ、内科学Ⅱ、整形外科学Ⅰ、整形外科学Ⅱ、神経内科学Ⅰ、神経内科学Ⅱ、精神医学、小児科学、老年医学、外科学、脳神経外科学、救急医学、放射線医学、社会福祉論、リハビリテーション概論Ⅰ、リハビリテーション概論Ⅱ

専門分野(理学療法)

理学療法概論Ⅰ、理学療法概論Ⅱ、臨床運動学、基礎臨床概論、評価機器、理学療法評価学Ⅰ、理学療法評価学Ⅱ、理学療法評価学Ⅲ、理学療法評価学Ⅳ、理学療法評価学演習、運動療法Ⅰ、運動療法Ⅱ、中枢疾患運動療法Ⅰ、中枢疾患運動療法Ⅱ、内部疾患運動療法、神経筋疾患運動療法、小児疾患運動療法、整形疾患運動療法、スポーツリハビリテーション、物理療法Ⅰ、物理療法Ⅱ、義肢装具学Ⅰ、義肢装具学Ⅱ、日常生活活動Ⅰ、日常生活活動Ⅱ、理学療法研究、総合治療論、総合学習Ⅰ、総合学習Ⅱ、地域リハビリテーション、生活環境論、臨床実習Ⅰ、臨床実習Ⅱ

インタビュー

在校生

pt1

理学療法学科1年 松本沙来

私は家政科卒業のため、物理や生理などの知識は中学卒業程度しかありませんでした。高校で基礎を身につけていない分、勉強についていけるのか不安でしたが授業はとても分かりやすく、楽しく学習でき充実した学校生活を送っています。私はこの学校に入学し、先生と生徒の距離が密接だという事を感じました。学習をする上で分からないことがあっても、先生方が理解するまで丁寧に教えて下さるので、疑問を残さずに先に進むことが出来、とても安心感があります。また、行事や部活動も盛んで、学科や学年を超えて交流を深めることができる事、そして年齢層が幅広く、社会人経験のあるクラスメートと会話をする事は私にとって良い刺激になっています。これから大きな壁に何度もぶつかると思います。けれど、同じ志を持った仲間と支え合いながら日々頑張っていきたいです。

保護者からのコメント

娘は中学生の頃から始めたバドミントンで大会の前になるとよく怪我をして、その度に理学療法士の方にお世話になり、身体はもちろんのこと心までケアしてもらいました。娘には人の役に立ち、感謝される職業に就いて欲しいと思っていたので、この職業に就きたいと聞いた時には良い選択だと思いました。家政科卒業という全く異なった分野にも関わらず、先生方の分かりやすい授業のお陰で戸惑うことなく学業に邁進しているようです。クラスメートはもちろんのこと、先輩方との繋がりが強いとも聞いています。これからも熱心に指導して下さる素晴しい先生方の下、患者様を心身共にケアできる理学療法士を目指し、初心を忘れず目標に向かって精進してもらいたいものです。

卒業生

橋本 修平

特別医療法人春回会 長崎北病院
理学療法士  橋本 修平
<2009年3月卒業>

大学を卒業後心機一転、まったく異なる世界への転向のために入学した長崎医療技術専門学校での生活は、心の底から「勉強したいなぁ・・・」と思える三年間でした。しかしながらその勉強はやらされているものではなく、自らの意思で行えるものでした。そのような充実した三年間が過ごせたのは同じ目標を持って共に頑張った仲間達や、いつも支えとなって下さった先生方の存在があったからこそであると思います。この三年間で培った経験や知識を土台として、今後も患者様のために日々技術を磨いていきたいと思います。