理学療法学科

sl_rigaku01
募集定員:40名(男女)修業年限3年(昼間)

長崎医療技術専門学校では、
医療人としての倫理観に従った行動をとることができる。
理学療法士としての基本的な知識・技術を対象者に提供することができる。
周囲のスタッフ、対象者と良好な関係を築くことができ、相手の立場に立った医療サービスを提供できる。
医学の発展に関心を持ち、日々更新される新たな知識・技術の習得に努めることができる。
理学療法士[Physical Therapist]を育成しています。

運動療法によって基本的動作能力を改善し、水や温熱、電気など物理的手段をを用いて、痛みを抑え、身体の動きやすさを助ける。
それが、理学療法士の仕事です。

理学療法士とは

理学療法士(Physical Therapist)は、障害を持った方々の生活を再建するために様々な物理療法(温熱、水、光線、マッサージ、電気など)を駆使して痛みを軽くしたり、筋力や耐久力を付けたり、循環を改善したり・・・・・そうして障害を少しでも軽くして、社会へ復帰するのを助けていきます。

また、病院の訓練室以外でも、リハビリテーションセンター、デイケアセンター、介護老人保健施設、職業訓練施設や保健所・保健センターなど幅広い分野で活躍しています。高齢化の進行や医療技術の進歩に伴って、理学療法士の必要性はますます高まっています。

履修科目

基礎分野(一般教養)

心理学、教育学、法学、物理学、医療統計学、研究方法論、医学英語、文章表現法、コミュニケーション学

専門基礎分野(医学一般)

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、解剖学Ⅲ、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、生理学Ⅲ、運動学Ⅰ、運動学Ⅱ、運動学Ⅲ、人間発達学、臨床心理学、病理学概論、内科学Ⅰ、内科学Ⅱ、整形外科学Ⅰ、整形外科学Ⅱ、神経内科学Ⅰ、神経内科学Ⅱ、精神医学、小児科学、老年医学、外科学、脳神経外科学、救急医学、放射線医学、社会福祉論、リハビリテーション概論Ⅰ、リハビリテーション概論Ⅱ

専門分野(理学療法)

理学療法概論Ⅰ、理学療法概論Ⅱ、臨床運動学、基礎臨床概論、評価機器、理学療法評価学Ⅰ、理学療法評価学Ⅱ、理学療法評価学Ⅲ、理学療法評価学Ⅳ、理学療法評価学演習、運動療法Ⅰ、運動療法Ⅱ、中枢疾患運動療法Ⅰ、中枢疾患運動療法Ⅱ、内部疾患運動療法、神経筋疾患運動療法、小児疾患運動療法、整形疾患運動療法、スポーツリハビリテーション、物理療法Ⅰ、物理療法Ⅱ、義肢装具学Ⅰ、義肢装具学Ⅱ、日常生活活動Ⅰ、日常生活活動Ⅱ、理学療法研究、総合治療論、総合学習Ⅰ、総合学習Ⅱ、地域リハビリテーション、生活環境論、臨床実習Ⅰ、臨床実習Ⅱ

インタビュー

在校生

29mathunaga

理学療法学科1年 松永 純

私は合格率の高さと卒業生からの勧めで長崎医療技術専門学校への進学を決めました。高校では建築を専門に学習していたため、勉強についていけるか不安でした。ですが、クラスメイトとの教え合いや親身になって教えてくださる先生方のおかげで、今は不安はありません。大変なことも多いですが、いい仲間と出会えて楽しいこともたくさんあるので入学して良かったと思っています。みなさんも一緒に理学療法士を目指しませんか?

卒業生

 

m-t

医療法人稲仁会 三原台病院
理学療法士  谷川奈々子 三田雄大
<2017年3月卒業>

谷川奈々子
長崎医療技術専門学校の3年間は楽なものでは正直なかったです。ですがこつこつ勉強し、楽しむときは楽しんで充実した3年間を送ることができました。今は長崎医療技術専門学校を選び、またこの仕事を選んで良かったなと自信を持って言い切ることができます!興味がある方はぜひ!

三田雄大
理学療法士は必ず誰かから必要とされる仕事です!でもその分、誰かのために必ず役に立てるようにならなければいけません!充実感と責任感を同時に感じられ、また一人の人間としての成長を問われる仕事でもあります!この道を選べば人生が輝くこと間違いありません!ぜひ皆さんも理学療法士になりましょう!