歯科衛生学科の授業

歯科診療補助

歯科医院で日常の診療を円滑に行うために歯科医師のサポートを行う。
病院に看護師がいるように、歯科医院には歯科衛生士がいてサポートをします。
治療中の患者さんが苦しくないように、溜まった唾液を吸引し、歯の型をとったり器具の受け渡しを行いスムーズに治療ができるようにします。
授業では、診療補助業務を理解し、受付事務、診療室の管理法等を学びます。また診療の補助・介助を責任もって行うために材料・器具の取り扱いについて、材料の理工学的知識、技術を習得し、臨床に対応できる能力を養わなければなりません。学内で日々努力しています。

eo1eo2eo3

歯科保健指導

一般知識、歯科専門知識を総合して、口腔内の健康のために一人ひとりに適した指導を行うのが歯科保健指導になります。

実習では、対象者の方によりわかりやすくするために、パンフレットやリーフレットを作成したり、子ども向けには紙芝居やエプロンシアターを行ったり、また患者役、術者役、観察者役になり、数多くの症例、年齢に対応したロールプレイしフィードバックを行うことで歯科保健指導ということを学んでいきます。

eo4eo5eo6eo7eo8

歯科予防処置

健康な口腔を維持し、また、歯周病予防のための付着物や沈着物などを機械的に除去したり、むし歯予防のために薬の塗布を行います。

まずはマネキンで実習を重ね、相互実習(学生同士で術者・患者になります)で手技を確実なものとしていきます。

eo9eo10

カリキュラムはこちら