作業療法学科

sl_sagyou01
募集定員:40名(男女)修業年限3年(昼間)

本校では、広い視野でサポートできる豊かな人間性を持った作業療法士[Occupational Therapist]を育成しています。

日常生活活動の諸活動、仕事、遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動における地亮や援助もしくは指導をする。
それが、作業療法士の仕事です。

作業療法士とは

作業療法士(Occupational Therapist)とは、リハビリテーション医療において、理学療法士とともに、中心的な役割をもち、心や身体に障害をもつ人々に対し、日常生活や社会生活へ適応できるよう能力を向上させる際に、手助けをするメディカルスペシャリストのことです。
作業療法では、絵画・手工芸・陶芸などの他、食事やトイレ動作など身の回りのこと、仕事や学校に復帰するための訓練など多方面にわたって援助していきます。

特に作業療法士には心の問題や生活について考え、生きる喜びを支える、豊かな人間性が必要とされます。

履修科目

基礎分野(一般教養)

心理学、国文学、教育学、法学、物理学、生物学、医療統計学、自由研究Ⅰ、保健体育、医学英語

専門基礎分野(医学一般)

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、運動学、人間発達学、臨床心理学、病理学概論、内科学、整形外科学、神経内科学、精神医学、小児科学、老年医学、外科学、脳神経外科学、救急医学、放射線医学、薬剤学、社会福祉論、リハビリテーション概論、看護学概論

専門分野(作業療法)

基礎作業学Ⅰ、作業療法概論、自由研究Ⅱ、基礎作業学Ⅱ、作業療法評価学、身体障害治療学、精神障害治療学、発達障害治療学、老年期障害治療学、高次神経障害治療学、日常生活活動、関連機器、作業療法研究、総合治療論、総合学習Ⅰ、総合学習Ⅱ、地域リハビリテーション、職業前関連活動、臨床実習

インタビュー

在校生

ot1

作業療法学科1年 吉田早希

私は、将来必ず役に立つ専門的な技術を身に付けたいと思い、長崎医療技術専門学校のオープンキャンパスに参加しました。その時の説明を聞いて、作業療法士は細かい作業が多く、自分に向いているかもしれないと思いました。不安はありましたが、クラス全員が同じ目標に向かっていると思うと、すごくがんばれます。わからないところがあると、お互いに教えあいながら、勉強しテストに臨むことが出来ます。実習では実際に現場で患者様や利用者様と接することが出来、はじめは緊張しますが、指導者の方が丁寧に教えてくださるので、とても勉強になります。不安があると、先生方や先輩方が親身に相談に乗ってくださり、まだ一年生ですが一歩ずつ自分の夢に近づいている気がします。これからたくさんの壁があると思いますが、同じ夢を持っている仲間と乗り越えていきたいと思います。私はこの学校に入学できたことを嬉しく思います。

保護者からのコメント

オープンキャンパスで長崎医療技術専門学校を見学させていただいてから作業療法士になる決意をしたそうです。他校と比べると国家試験合格率が高く、3年間という短い期間で広範囲の知識を学び身に付ける魅力。しかし、そのためには本人の強い意志・姿勢が進級・国家試験合格への道を大きく左右するのであろうとまず思いました。厳しいかな、、、ゆるやかな階段を上がるのではなく、急な階段を上がらないといけないという不安はありました。1歳上の姉が同校理学療法学科に通学中である為、相談いたしました。厳しいけど、とにかく集中して勉強に取り組み、悩んだときは先生方や先輩方が支えてくれる学校であるという内容の話をしてくれました。姉の存在も大きかったのでしょう。今では2人助け合いながら通っております。通学するようになって強く思いますのが、同じ目標に向かって進んでいる友人、仲間の大切さ、先輩方の暖かさ、それを寛大な心と目で見守ってくださる先生方の心強さです。やはり、第1線の現場で働いておられた先生方ばかりですので、教科書上プラスαをアドバイスしてくださいます。私はこちらの学校に決めてよかったと思っており、娘も欠席もせず毎日通っております。私たち親は何かできているのか未だにわかりませんが、朝元気に送り出し、帰ってきてから今日1日学んだ新しい知識を自慢げに教えてくれる娘の話をゆっくり聞くことくらいです。しかし、日々成長が感じられ嬉しいです。何かとこの調子で国家試験に絶対合格してほしいと願う毎日を過ごしております。私達の子供は作業療法学科の学生として学校に通っています。上が3年生、下が1年生と二人とも同じ作業療法士を目指し勉学に励んでいます。学校の雰囲気もよく、一学科四十名くらいの少人数なので、先生方も個々の指導も良くしてくださり、先輩後輩の仲もよく、同好会やグループ発表会などを通じ交流の場もあるので何とか相談に乗ってもらえ、卒業された先輩からもアドバイスを受ける事が出来るので親の私達も非常に安心しております。このまま子供達が就職も決まり、無事卒業が出来国家試験に合格する事が出来たら、今まで学んで来た事を実践し人の役に立ってもらいたいと思います。また、後輩達にもアドバイス出来るような先輩になってもらえればと思います。学校を選ぶのは本当に大変だと思いますが、良い学校に出会えて本当に良かったと思っております。

卒業生

2_p4
長崎リハビリテーション病院
作業療法士  藤原 謙吾
<2009年3月卒業>

長崎リハビリテーション病院に勤務して1年が過ぎました。学生の頃は定期試験や国家試験に向けた机上での勉強が主でしたが現在は患者様やご家族が安心した生活を送れるように治療内容や在宅復帰に向けた住宅改修など様々なことを勉強しています。
患者様やご家族に関わることで、治療効果はもちろんのこと患者様の人柄や地域環境なども知ることができ、やりがいの多い仕事です。
医療技術専門学校には、同じ職種を目指す仲間や、いつでも相談にのってくれる先生方が多く、思い出に残ることばかりです。
今思うと学生時代にもっと勉強しておけば、もっともっと遊んでおけばよかったと思うことが多くありますが、たくさんの学校や大学がある中で僕は医療技術専門学校に入学して良かったと思っています。
遊びも勉強もたくさん出来る環境にあります。いろんな遊びも勉強の一つです。医療技術専門学校に入って、いっぱい勉強していっぱい遊んでください(笑)