やっと植え付けが出来ました‼

作業療法学科の授業風景

日常に身近な活動を治療に用いる作業療法では、その活動の治療的要素などを理解するために、実際に体験しながら作業分析を行います。

今回は、その一つの園芸活動(2年生)について紹介します。

例年だと5月までに花や野菜の苗を植え付けていますが、今年は新型コロナウイルス感染症対策により授業の段取りがずれてしまい、もう日差しの暑くなった(もうすぐ梅雨に入る)この時期になってしまいました。

野菜や花を育てる工程(体の動き)だけでなく、育っていく様子を見たり、収穫したりすることでの「こころやからだ」に与える影響も検討していきます。

しっかりと育つことを願いながら、みんなで手入れしていきます。

fgfg
df[1]